薬剤師国家試験対策予備校はどこが良いか??

私は「薬ゼミ」を薦めます。

長年の実績もあるし、何より模試のデータ分析が良い。

特に12~1月、国試直前期の模試は必ず受けましょう。

ほぼ、模試の点数が国家試験本番の点数に反映されます。


青本、領域別問題集もオススメです。
私はほとんど青本で、部分的にファーマで出してる虹本を使用してました。


次いで、ファーマプロダクト。


有機化学の泰斗であるモリガドウ先生の授業プリントを3周するだけで、かなりの実力がつきました。


・・・メディセレは私の中でイマイチ。


私が通ってた大学では、薬ゼミ、ファーマ、メディセレの講師を呼んで国試前に授業をしてくれたのですが、質問にその場で答えてくれなかったのがメディセレだけでした。


薬ゼミ、ファーマはその場で的確な答えを教えてくれました。


講師の力がイマイチ。模試も訂正が多く、信頼性がありません。


しかし、メディセレ、語呂合わせだけは侮れません。


センスがピカイチです。薬ゼミのゴロとは比較にならないくらい素晴らしいです。



どこも一長一短ですが・・・まとめます。



①国試・卒試両方に対応できるオーソドックスな問題集が欲しい

→薬ゼミの青本+領域別問題集を全分野(領域別は、局方16改正対応済み)
※訂正が少なく、本当に無難に最後まで使える

②卒試が難しめの大学で、国試も余裕で受かりたい

→虹本全巻
※訂正がやや多いが、問題量では業界で最も多い。
※かなり昔の問題も掲載されているため、98回国試で見られたような「一昔前の薬剤師国家試験の問題」も解けるような実力がつくと思われる。
※問題量が半端じゃ無いので、1周するのに相当な時間がかかる。忍耐力が必要。しかし、相当な実力が付くこと間違い無し。時間が豊富にある人は、チャレンジしてみる価値あり。

おまけ1

メディセレの問題集で、「ゴロのみ」拾う。
※ゴロはメディセレが業界No.1。
※ゴロを使うのは良いが、残念ながら間違っている可能性もあるので、青本などで確認してから使う

おまけ2

先輩から青本とかをもらって使うのは絶対ダメ!!!!!!!

※書き込んでナンボ。
※自分でマーカーを引いてナンボ。
※最新の情報が入った問題集を使用してナンボ。
※自分で買えば、必ず勉強しようという気が湧いてくる。バイト代使いましょう。今こそ使う時でしょう。

特に、過去問は局方16改正対応のものでしか勉強しちゃダメです。

有機化学で命名法がルールが昔と違うので、国試本番で間違えてしまいます。

※有機は、モリガドウに会ってから勉強するのも手です。
私は、そうしました。最新情報も、ヤツから入手しましょう。ラクに勉強出来ます。


まだまだ書き足りないです。

新学期が始まって、勉強をスタートさせた方、頑張って下さい。

勝負の1年ですね。

上手く予備校を使いましょう。
by 18nkti | 2013-04-14 22:05